プロフィール
 

さかまさ

Author:さかまさ
福岡の海辺の町に住んでいます。
休みの日には、ガーデニングやカメラ片手に近くの浜辺を歩いています。

 
カレンダー
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
 
 
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

二階堂酒造のCMにでてくる階段

 
2015/01/16(Fri) Category : 北九州周辺
二階堂酒造のCMが好きだ。
昭和のノスタルジックな雰囲気とナレーションがいい。
ほぼ1年に1本のペースで新作をだしていて、最近はがらっとイメージを変えてきたので路線変更をしたのかなと少し残念だったが、最新作はもとの雰囲気に戻って一安心。

相変わらず、良いところ(しかも我が家の近く)で撮影をしている。
最新作は階段をテーマにしているらしい。



そんな中、撮影に使われている2カ所に行ってみた。
2番目と3番目に出てくる所で門司港日本郵船ビルと若松の上野ビル

日本郵船ビル門司港駅の正面にある。
1階にコンビニが入っていたりするが、昭和2年の建物
リサイズP1161037

中央の入り口を入ると、CMに登場するエレベータを取り巻くように設置された階段がある。
リサイズP1161031

ほとんどが会社の事務所が入っているビルだが4階にはギャラリーもあるのでぶらり立ち入ることもできる。
リサイズP1161035

そしてもう一つが若松の上野ビル(上野海運ビル)。
若戸大橋の下。若戸渡船の若松側桟橋のすぐ近くにある。
ビル正面

こちらはもっと古く大正2年築
中はカフェや雑貨屋が入っているので知っている人は知っている場所。
正面入り口は会社の玄関なので、右に回り込んで脇の入り口から入るともうタイムスリップをしたかのような空間。
3階から2階を見下ろす その2

2階と3階の吹き抜けを取り囲む回廊のような通路に面して部屋が配置されていて、天井にはステンドグラスという、レトロビル好きにはたまらない場所。
3階から2階を見下ろす その3

CMで登場する他の階段も、北九州市内にいくつかあるようなのでそのうち探してみようと思う。



スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

響灘ビオトープに行ってみました

 
2014/07/12(Sat) Category : 北九州周辺
若松区の響灘埋め立て地にある響灘ビオトープに行ってきました。
http://www.hibikinadabiotope.com/
元々は、廃棄物処理場としての埋め立て地だそうですが、整地されていない場所に雨水がたまったりしてできた、湿地帯をビオトープとして自然観察公園にしたところです。

リサイズP7120248

上の写真のネイチャーセンタで100円を払えば、右のゲートからビオトープ内に入れます。

リサイズP7120249

41haもの広いビオトープ内で見学ができるのは半分以下。
半分以上は立ち入り禁止地域になっています。
そこには、コアジサシが営巣できる砂礫地もあるそうです。

リサイズP7120250

リサイズP7120280

あちこちでオオヨシキリが賑やかに鳴いています。
ときどき、セッカの声も聞かれました。
歩道をゆっくり歩いていると、セグロセキレイの巣立ち雛が親からエサをもらっている場面にも遭遇しました。

ギンヤンマも飛び回っていました(中央に小さく写っています)
リサイズP7120252

リサイズP7120278

野鳥観察用のブラインド小屋もあります。
リサイズP7120251

リサイズP7120272

リサイズP7120259

ビオトープ内には食べ物は持ち込めませんが、
ちょっとしたピクニックの感じで出かけるには良い場所です。
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

あぁ、折尾駅

 
2012/10/03(Wed) Category : 北九州周辺
私が毎日通勤で使っている折尾駅の駅舎が今度の土曜日で営業を終了します。日本で最初(1895年)の立体交差の駅で、この駅舎は1916年に完成していますので96年の歴史を持っています。

 現在、この立体交差を解消して利便性を良くすべく、2030年までの計画で大規模な再開発工事をしています。その中で、この駅舎が取り壊されることになり、今度の土曜日が最後の営業日というわけです。
 取り壊されても移築をする計画のようですが、どこにどのような形で移築するかは最終決定していません。資料館になるとか、新駅の駅舎として利用するとか案はあるようですが、やはり駅は駅として利用して活きる物ですので、駅舎としての移築になれば良いのですが。。。
 ほぼ同じ時期に作られた門司港駅もつい先日、今の駅舎の営業を一旦終了しました。こちらは、5年間かけた大がかりな解体修理のための営業終了です。
同じ駅でも、ずいぶん運命が違う物です。

 ちなみにこの折尾駅、駅弁の「かしわめし」はかなり有名です。
春までは珍しい立ち売りのおじさんもいました(春で退職)
小倉駅や黒崎駅でも売っていますので、近くにお寄りの際はご賞味あれ。。


折尾駅駅舎 左が平屋、右が2階建てという特徴ある構造です。
折尾駅舎

駅舎内の様子。
奥のドーナツ型ベンチが特徴です。
東口駅舎内

ホームの立ち食いそばも営業終了
ドーナツベンチの写真を使った貼り紙がセンス良し。
営業終了

赤煉瓦の通路もいずれなくなる予定
赤煉瓦通路

10月7日から使用される仮駅舎も完成間近
北口仮駅舎

 
コメントアイコン Comment1  |  Trackback0
 
 

赤間宿まつりと酒蔵開放

 
2012/02/19(Sun) Category : 北九州周辺
いまは、あちこちの酒蔵で新酒ができる季節。
近くの勝屋酒造さんでも酒蔵開放が催されたので行って来ました。

ここは、旧唐津街道赤間宿にあって、ちょうど赤間宿まつりも同時にやってました。
出店やステージなどもあって、たくさんの人出でにぎわっています。

赤間宿まつり

酒屋の前には新酒ができたことを知らせる真新しい杉玉が吊されていました。
勝屋酒造

酒蔵内は新酒の試飲をする人ですごい混雑です。
受付でぐい飲みをプレゼントされるので、それを使って試飲をします。
もちろん車の人はNG。ぐい飲みは帰りにプレゼントされます。
酒蔵内の様子

もうすぐひな祭り。
歴史ある造り酒屋らしく立派なおひなさまが飾っていました。
勝屋酒造のひなかざり

おひなさまのほかにも「さげもん」もありました。
勝屋酒造のさげもん

さげもんの手前には、小さなグラスにさまざまなツバキが一輪ずつ飾ってあって、
こちらも感動ものでした。
つばき

最近は、こういった地方の小さな造り酒屋は、最近のコンビニや大型スーパーの流通に乗りにくく経営が厳しいそうです。
お取り寄せもいいですが、こういう地元のものも大事にしていきたいですね。。


 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

下関の日本最古の現役郵便局舎と屋上庭園のあるビル

 
2012/02/12(Sun) Category : 北九州周辺
下関に日本最古の現役郵便局舎があります。
下関南部町郵便局
明治33年(1900年)の建設といいますから、日露戦争以前に建てられたもの。。
下関南部町郵便局

なんと、中にはカフェ「ポストギャラリーレトロカフェ多羅葉」があります。
中庭を使って結婚式や披露宴もできるとか。。。

中庭

像

花

オルゴール

この郵便局の隣には「旧秋田商会」のビルがあります。
こちらは大正4年(1915年)築です。

秋田商会

1階は洋風の事務所。2,3階は和風の住宅になっていて
屋上はなんと庭園が造られています。
屋上には上がれませんでしたが、本格的な物で茶室まであるそうです。
ここは無料で見学できます。

1階
1階の事務所部分

時計
1階にある時計

階段

2階の和室
2階と3階は住居だったそうです。
かなり広い和室があります。

螺旋階段
3階にある螺旋階段。
ここから屋上庭園にあがれますが、いまは年に1回の特別公開以外は入れないそうです。

窓の外
窓から隣の郵便局を臨むことができます。

 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
最近の記事
最近のコメント
フリーエリア
 


 
ブログ内検索
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。