プロフィール
 

さかまさ

Author:さかまさ
福岡の海辺の町に住んでいます。
休みの日には、ガーデニングやカメラ片手に近くの浜辺を歩いています。

 
カレンダー
 
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
 
 
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

30年振りのプラネタリウム

 
2012/03/29(Thu) Category : レジャー・イベント
今日、子供達と北九州市立児童文化科学館プラネタリウムに行って来ました。
40年以上の歴史をもつ、日本でも老舗のプラネタリウムです。
私も小学校2,3年の頃は近所に住んでいたこともあって、しょっちゅう通っていたところです。

プラネタリウム外観

当時は滑り台の向こう、天体望遠鏡のドームの真下が入り口でしたが
今は右側の建物に入り口が移っていました。

入場料を払って中にはいると、いきなり懐かしい物が。。
アポロ宇宙船
かつて、アポロ宇宙船を月へと送り込んだサターンVロケットの模型。
これ、私が小学生の頃からあったもの。
ところどころ、壊れかかっていて年期の長さを物語っています。

プラネタリウムがある建物に入る途中にはいろんな科学実験が体験できる展示物がありました。
展示物2
こちらは手押しポンプで水を送って、水車の原理が学べるもの。
水車の羽の枚数で回転速度が違ったり、水車の力でオルゴールのように楽器を奏でたりできます。

展示物1
こちらはレールの上を転がるボールで慣性の法則などが学べるもの。
これのちっちゃなやつがおもちゃでもありますが、これだけの大きさになると迫力も違います。

2階から天文館に移動すると、さらに懐かしいものがありました。
太陽系運行儀
これも私が小学生の頃からある「太陽系運行儀
太陽系の模型ですが、毎日の惑星の位置を再現しています。
これだけの大きさのものは日本一だそうです。

プラネタリウム
いよいよ、3階のドームへ。
さすがに投影機は新旧交代していましたが、この機械もすでに20年だそうです。
解説もプラネタリウムメーカの五藤光学に委託されていると言うことで、ずいぶんソフトなイメージでした。
昔は、おしゃべりでもしようものなら、厳しくしかられるような公共マナーに厳しい施設でしたがいまはそんな面影はありませんでした。

上映が終わって、帰る途中で嬉しい再会がありました。
小学生の頃に星空を見せてくれた投影機。五藤光学「L-2型」です。
L-2
こいつのお陰で私は天文少年になりました。
いわば恩人ですね。









関連記事
 
コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

我が町では

私の町には、ミノルタのレンズ工場があった事もあり、ミノルタ製のプラネタリウムでした。

今もミノルタ製が動いているのか、みたくなりました。

 

我が町では その2

来月プラネタリウムが新装開店するらしいんで、行ってみようと思ってます。
たまーに行くと、結構感動しますよね。

 

No Title

>OLDニコンさん
ミノルタのプラネタリウムって言うのもあるんですね。
是非、今も健在か、確かめてみてください!

 

No Title

>ぴょんさん
新装開店と言うことは、きっと機械も最新式に変わっているんですよね!
今の投影機ってどんなんだろう。
きっとCGとかバリバリ使ってるんでしょうね。
ぴょんさんも、是非確かめてみてください!

 

    
 
Home | Top ▲
 
最近の記事
最近のコメント
フリーエリア
 


 
ブログ内検索
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。